ほげにっき20180507

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
posted on 2018/05/07 22:59:03 JST

今日は昼前くらいには起きた気がしたが13時くらいに家を出て、買い物や銀行回りの事務作業。 ついでにパン屋で食事などして大学へ。

あとはゆるゆると作業しつつ、今後を見据えてアルゴリズムの復習などする。 Haskellで(離散数学的な意味での)グラフを扱うにはfglと言うライブラリが永らく定番なのだが、妙に小回りが効かないというか、たとえばグラフの頂点や辺が本質的には整数決め打ち(ラベルは別途付けられるけど)だったり、単相的なグラフをちゃんと扱う方法がなかったりと、あまり万能とは言い難い。 最近 Algebraic Graph という手法が提案され、ライブラリも整備されてきている。 とはいえ、こっちはより代数的な構造に着目して設計されていて、これまでのパラダイムと結構違うので、所望のグラフを作る方法はちょっと慣れが必要だったりするし、まだ重み付きの辺を扱えなかったり、標準的なアルゴリズムの実装、あるいは代数的構造を活かした設計方法などもまだまだこれからという感じになっていて、実用するにはもう少し時間が掛かりそうといった感じ。 とはいえ今年のGSoCではAlgebraic Graphを進化させまーす!というプロジェクトもあり、今後便利になっていくと良いなあ、という感じである1

まあそんな感じでゆるゆると蟻本を読みつつ復習を進めた。 かなりうろ覚えになっている部分が明らかになってきて良かったと思う。

途中論理パズルっぽい問題が出て来たので、アルゴリズム設計とか放っぽり出してSATに丸投げしてみようと思ったらSATソルバとのバインディングの使い方を調べるのに思いの外手間取った。 選んだバインディングがincrementalな求解に対応していなかったのであまり綺麗にならず、普通に手でゴリゴリ書いた方が早かったなあ、という感じになった。

そうこうしている内に窓の外はどんどん雷雨状態になっていって、その合間を縫ってバスで家まで帰ってきたのが21時頃、漸く標準的な具材が揃った状態で冷やし中華を食べることができた。

http://gohan.konn-san.com/post/173669127404/ひやちゅー

そんな感じで。明日はセミナーを梯子するかもしれないが、もしかしたらシウのカツに備えるかもしれない。

うたったうた

特にうたわなかったが、陽水とたまを聴いたよ。


  1. Proposalの書き口はどうも「ベンチ取るついでにalgebraic graphも改良します」と言う感じなので、そこまで進展があるかはよくわからないけど……。↩︎

社会派にっき20180417

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
posted on 2018/05/07 22:56:35 JST

結局昨日にっきを書いてから寝るまでには結構時間があって、というか院生室から帰ったら小雨が降っていたのでものすごく急いで帰って洗濯物を取り込んだ。このというかは用法がまちがっている。 幸い、小雨だったためか洗濯物は濡れずに済んでいてよかった。先週末は雨が立て込み、今週も今日明日と雨っぽいので、ここで洗濯物がおじゃんになると着るものがなくなるじゃん。

そんなこんなで急いで取り込んで、シャワーを浴びて寝ようとした。 のだが、取り組んでいた証明をああでもないこうでもないと考えていたら6時過ぎになってしまった。 ラウル・カストロもとうとう引退するというニュースを眺めて寝たようである。

結局今日は13時半頃に起きた。 湯水のように鼻血が出る夢を見て、これがもう本当に湯水のようにとめどのない鼻血の夢だったので、これはなんか本当に出てそうな気がするし出てなくても勘違いしてそのまま死にそうだと焦って起きたら大丈夫だった。 後の胎児の夢である。 あとは架空の面倒な親類が実家に住み着いてかなわないので、正直に迷惑だといって出ていってもらう夢などを見た。実際にそういうった経験は幸いにしてない。

ところで、13時半に起きたは起きたのだが、布団から出ずにうだうだしていたので、実質的には15時前に起きた。 金も減ってくし、雨のせいで行き着けの学食のラストオーダーに間に合わないし、ということで、久々に家でパンとスープとシュウマイを食べた。 このうちパン以外すべて即席。一人暮らしを始めたころの意識の高さはどこへ行ってしまったのか。

そんなこんなでバスを捕まえて院生室に行く。 最初の1時間くらいはずっとDRMの悪口を言っていた。 DRMに関しては前々から思う所があったのだが、最近はっきりと文句を言うようになったのは、1万円払って優れた電子版数学書のDRMがキツすぎてクソみたいなリーダーでしか読めない、つまりは実質読めない、という本当にうんちみたいな災難に遭遇したからだ。 はっきりと書く。Cambridge University Press は eBooks.com とかいうクソみたいな電子書籍配給会社に電子版を全委託するのを即刻やめるべきだ。 あまりにも頭にキて、頭にクると意識が一時的に高くなるので、英文で数ツイートほどCambridgeとeBooksの悪口を書いた。まあどうせフォロワー以外には届かないので、殆んど意味はないんだが……。

いやしかしこのeBooks.comの数学書というのが本当に酷いシロモノで、まずEPUB版は数式がビットマップ画像で読めたものではない。 今日びビットマップて。SVG使わんかい。 更に、PDFリーダに至っては、リンクを踏むとリンク先には飛ばずにそのページの片隅が妙に拡大表示され、再起動しない限りもとの拡大率に戻す方法はない、と来た。

DRMが不要だとは言うつもりはなくって、著作権を無視して他人にコピーを配りまくるような行為に弁護の余地はない。 しかし、それにしたって例えば理工書の世界的最大手の Springer だって実質DRMがないPDFを販売していて、どんなリーダでも自由に読めるし、日本の技術系出版社でもそういうところは沢山ある。 それで会社が潰れるならもう世界は荒野になっている筈だが、そうはなっていない。 透かしが入っていれば流出元は特定して罰することは出来る訳で、不当にキツいDRMというのは著作権保護を口実に自社プラットフォームに囲い込もうという邪悪な行い以外の何者でもない。 そもそも囲い込みをするならするで、その不自由さを感じさせない程度にはビューワの類いを改良すべきだが、そういうことすらしないのだから本当にうんちだと思う。 Cambridge University Pressにおかれましては、直ちに eBooks.com を使うのをやめて頂きたい。 っていうかSpringerの電書流通システムは本当に優れていると思うので、いっそ Springer が他の大学出版局からの委託とかも受け付けるようにしたらいいと思う。ともあれ、Elsevierは滅ぶべきである。

そんなこんなでひたすらクダを巻いた後は、新専門分野その2の勉強と、昨日の作業の続き。 カレーうどんを食べて、バスが無くなる前に乗って帰ってきた。 あとは証明をもうちょい違うアプローチで試してみたり、趣味の編集をしたりした。

明日
  • 早起き(10時半)なのでがんばる。
  • そろそろもっかい論文その1を校正すべし。
うたったうた

今日は夜まで院生室に一人だったので、下記を聴きながら都度唄うなどした。

  • Queenを少々

  • 相対性理論の「アワーミュージック」を通しで。 U2の “The Josha Tree” 冒頭3曲に通じる所のある名盤だと思う。

  • 椎名林檎「逆輸入 〜港湾局〜」を通しで。人生は夢だらけ、少女ロボット、薄ら氷心中が好きである。
    『重金属製の女』は野田秀樹の演劇「エッグ」に書き下ろした劇伴 “Heavy Metallic Girl” がもとだ。 “Heavy Metallic Girl” は深津絵里扮するアイドル歌手苺イチエが日本語歌詞で唄っており、作詞・野田秀樹、作詞補・椎名林檎という形で、英語詞の「重金属製〜」とは結構歌詞内容も違う。 どちらも良い。以下が深津絵里版。「逆輸入 〜港湾曲〜」をお持ちの方は聞き比べると良いと思う。

    という所でもう少し「エッグ」の話をしたいのだが、これがどうしてもネタバレになってしまうのでかなしい。 東京五輪×スポーツ×アイドル×寺山修司というものすごい趣向で、更にそこに太平洋戦争の暗部が重なるという傑作である。
    これらのキーワードに少しでも引っ掛かる所があるのなら見るべきだし、また序盤で明らかになる趣向が面白いので、ミステリ読みも観るべき演劇である。

    私は初演版を生で、再演版をNHKで観た。NHKでの放映はSMAPの解散騒動が表沙汰になった直後で、本作はスポーツ選手やアイドルといったスターの光と影を描いた作品なので、とてもつらかった。

  • ハイロウズとブルーハーツをランダムに。ギター弾きではないので部屋が借りられてよかった。

あめにっき20180424

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
posted on 2018/05/07 22:56:06 JST

今日は義務ではないセミナーの初回が午前からあってちゃんと起きようと思っていたのだが気付いたら14時だった。悲しい。

雨だったので院生室に行く気も起きず、今日は一日オフということにして、家でひたすらこんさんドットコムの改修作業をしていた。

このサイトは永らく Hakyll という静的サイトジェネレータを使って生成されていたのだが、一つのファイルから動的に複数のファイルを生成するとかそういう所の小回りが効かず、困ったなと思っていた。 思っていたので、ちょっと前からHaskellの汎用ビルドシステム Shake を使って少しずつ書き直す作業をしていて、今日はそれを完成させるのに費した。 これによって、以下のようなアドバンテージが得られた:

  • 同時に複数のページを並列でビルドで出来るようになった
  • キャッシュの粒度を細かくしたので、一つのファイルのキャッシュが壊れてもその全体をリビルドされることがなくなった
    • Hakyllはキャッシュがよくわからない形で管理されていて、どれか一個壊れてもどのキャッッシュに対応しているのかわからず、全部消してゼロから再ビルドする必要があるという悲しい仕様になっていた。
  • 複数ページ出力の対応。たとえば、このにっきのページが3記事ごとにページ化されたのに気付いただろう。
    • Hakyllでも無理矢理書き出し先に何も言わずにファイルを自動生成すれば出来たが、あんまり綺麗にこういうことが出来なかった。
    • Hakyllはドキュメントが不親切で、勝手に書き出したファイルの依存関係を管理する方法が全くわからなかったので、馬鹿みたいにリコンパイルが走ったり逆に一巡するまでリコンパイルが起きなかったりした。

というわけで総じて管理しやすくなったのではないか。よかったよかった。 今のところ欠けている機能として:

  • ページ単位での clean
    • これは Hakyll にもなかったし追い追い
  • 削除したファイルの掃除
    • Hakyllにもなかったが、まあ履歴を記録すれば何とかなるはずだ

あと折角なので各ページごとにはてなスターをつけた。 星を貰うと喜ぶので星をつけられるひとはください。うれしいなー。

めし

また馬鹿の一つ覚えのようにペペロンチーノを。

http://gohan.konn-san.com/post/173257129589/ペペロンチーノですぞ

今日はふと思い立ってローズマリーをザーッと入れ、いつもよりオリーヴオイルを沢山いれてみた結果味に変化が出て美味しかった。 段々とペペロンチーノから遠ざかっている気がするが、これが私のペペロンチーノです。

明日
  • お仕事その2に必要なのではやおき
うたったうた

料理しながら Monty Python “I Like Chinese” をうたった。

40年前にモンティ・パイソンが唄ったときには間違いなく馬鹿にしていたのだが、40年を経て歌詞の意味合いが180°変化してしまった一曲である。

いえにっき20180426

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
posted on 2018/05/07 22:55:09 JST

今日はなんか朝起きて買い物とケータイの契約見直しとかに行こうと思っていたんだけど、気付いたら14時過ぎだった。かなしい。 Twitter で TIS-100 というゲームを見掛けて面白そうだったので買ってひたすらやっていた。

いってしまえばヒューマンリソースマシンみたいなもんなんだけど、並行に動く複数のノードをそれぞれアセンブリもどきでプログラムして望む挙動に持っていく、というところがちがう。 原始的なチャンネル間通信や、若干非決定的な並行処理プリミティヴを使ってより賢く書いてね、という感じだ。 まだ途中で、Peak Detector だかの前くらいまで終わった。

その辺りで一旦やめて、今は内輪の胎界主読書会のレジュメを進めているところである。

ごはん

カルボナーラうどんを雑に作って食べたが、雑すぎてうどんというよりチーズを食べてる感じだった。

http://gohan.konn-san.com/post/173320941199/雑にこさえたカルボナーラうどん

まあ不味くはなかったが、それはチーズが美味しかったということであるな……。 せめてプチトマト買って入れておけばよかった。

きゅうせいしゅにっき20180428

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
posted on 2018/05/07 22:48:13 JST

今日は11時に起きて歯と顔を片付けてバスで駅前に。 家のコーヒー豆が切れてたので、カフェでモーニングがてら豆を買う。 なんかママ友の会に連れてこられてたと思しき小学生くらいの子がタブレットで延々と大音量でバラエティ番組を見ていて、マトモに親に注意して貰えない子は可哀想だなと思ったりした。

ベーグルのBLTサンドとケーキを食べた。

これだけだとお腹が減ったのでケバブサンドも喰った。でぶ〜。 ところで来月二十日まで金がないのではなかったか。しかしこの喫茶店はカードで払え、五月払い分の日数は終わっているので、問題はない。ケバブの500円がかかるだけで済んだ。

都内へ。仲間内で遊んでいるパンデミックレガシーシーズン2をやりに。

これは疫病を押さえこむ「パンデミック」というボドゲがあって、それを「12ヶ月」分刻一刻とストーリーがうつろっていく形にして、やりきり型にした「パンデミックレガシー」があって、その続きである。

四人でやる。前作も滅法面白く、謎の難病を封じ込めるべく戦っていたら次第に思わぬストーリー展開になっていく感じで、何とか半年くらい掛けて世界を救った。 「まあまあやった」みたいな達成度のクリアだったのだけど楽しかったので続きが出たからやろう、という集まり。 シーズン2では1で救い切れず文明が崩壊した後から始まるのだが、1に負けず劣らず色々と面白い趣向があって、これまでの所かなり楽しんでやっている。今日で11月まで終わったので、次回は12月、いよいよ世界を救えるかどうか決まる筈だが……さて。

夕方までやったあとは居酒屋へ。ところでこちらは3円です。

本当はもっとするのだが、会員は1000円以内の刺身を2品まで、じゃんけんで勝てば1円、負けても99円で食えるという頭のおかしい5周年記念イベントをお店がやっていて、会員3人で行って、3回勝った。ボトルも負ければ10%、勝てば50%オフで勝ったのでけっこういい酒を半額で呑め、たらふく肴を喰い酒を呑むなどした。

うたったうた

居酒屋店内でU2の With or Without You が流れていたので思わず唄い同行者に白い目で見られた。

U2の “Joshua Tree” は名盤、特に “With or Without You” 含む序盤の3曲が神懸かっている。

あとはシャワーを浴びながらRCサクセション「いいことばかりはありゃしない」を、歌詞と曲調に反して上機嫌で唄った。